ソーシャルネットとライブチャット

近頃は、人と人とのコミュニケーションを主体としたサービスがネット上で人気を博していますよね。
10数年ほど前までは、新しもの好きや専門家、一部のオタク的な人が大半を占めていたネット世界でした。
今ではインターネットに触れない日は全くないという人も一般に増えてきました。
一般の人が増えるとそれだけコミュニケーションの幅が広くなり、同時に頻度も多くなるのです。
ソーシャルネットの先駆けと言えばmixiなどのSNSのイメージがありますが、それよりも先にライブチャットというものが出てきました。
きっと『ライブチャット』という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。ネット上のいろんなところで広告を目にしますからね。

場合によっては、映像は双方向ではなく片方向であるときもあります。
ライブチャットはアダルトとノンアダルトの2種類に大きく分類できます。
アダルトの場合は、もちろん男女のペアになります。そしてやることは女性が脱いでいくのを見たり、擬似セックスをしたりすることですね。
SMのように片方が指示をしてそれを相手が強いられるということが日常的に行われているわけです。
ノンアダルトの場合は友達のように雑談をするわけですが、男女ペアでも同性ペアでもどちらも可です。
ただ、どうせやるならアダルトの方がいいだろうということで、ブロードバンド環境が整って以来人気を博しています。